『もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら』第1話あらすじネタバレ

第1話:「ここはそういう場所だろ?」〜インストラクターの卑猥な手つき…

体を鍛えて自分を変えたい…はずが…?
もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら。
作者:ミニワ・冴律木みよ
[ComicFesta]【BL】もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら。.ver1.2.1

 

(第1話)
「ここはそういう場所だろ?」〜インストラクターの卑猥な手つき…

 

スポーツクラブの申し込みへとやってきた充。

 

今の仕事について3年になる彼は気が緩み始めていた自分を変えるべく、ここへとやってきたのだ。

 

すぐにでも始めたいと申し出ると、都合よくキャンセルが出た為に今日からトレーニングできるらしい。

 

用具一式のレンタルを申し込み、ロビーを見渡すと周囲はガタイのいい男性ばかり。

 

受付の人に聞いてみると近くに女性用フィットネスがあるらしく、ここは男性がメインになっているらしい。

 

ちょっとガッカリしつつ、受け取ったウェアに着替えるために更衣室へと向かう。

 

いざ着替えてみると思いのほかサイズがキツく、かなりピチピチになってしまった。

 

サイズは確認したはずなのに体のラインがはっきり見えてしまいかなり恥ずかしい…

 

だが今から交換してもらうのも気が引ける…

 

息が苦しいわけでもないからと自分を納得させた充は、そのままフロアへと向かうことに。

 

様々な器具やマシンが設置されている中、何人かの先客がトレーニングに励んでいた。

 

迫力のある雰囲気に圧倒されていると横から成田さんと名前を呼ばれる。

 

声をかけてきたのは担当になる船橋というトレーナーだ。

 

体格がよく、いかにもスポーツマンといった風貌の男だった。

 

握手を求められて素直に手を差し出す充。

 

力強い握手はなかなか終わることなく、船橋はじっと充の顔を見つめている。

 

気まずい雰囲気からおもわず後ずさり、なんでしょうかと声をかけると船橋から意外な言葉をかけられた。

 

成田さんって、成田充…?

 

いきなりフルネームを呼ばれ、さらには高校時代の特徴まで言い当てる船橋。

 

なぜ知っているのだろうと戸惑いつつも相手の顔を見つめる充も彼のことを思い出す

 

大介!?

 

船橋は高校の時の同級生、船橋大介だったのだ。

 

学生時代、充は彼にからかわれることが多々あった。

 

次第に気にならなくはなったものの、彼に対してあまり良い印象ではない。

 

そんな大介と大人になってから再会するなんて…

 

>>第2話:イクまで筋トレは終わらない!?〜皆に見られながら…あらすじネタバレ

 

トレーナの優しい指導にアツくなる…!

もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら。

▼▼まずは無料サンプル試し読み!▼▼

[ComicFesta]【BL】もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら。.ver1.2.1

▲▲無料試し読みは画像をタッチ▲▲

スマホ専用コミック(android & iPhone対応)

試し読みは完全無料です!

もしもノンケがハッテン場スポーツクラブに入会したら。BL漫画タイトル一覧

 
inserted by FC2 system